新しいお仕事に満足してる?復職に成功した看護師の体験談をご紹介

復職した看護師さんの経験談集

一度退職した看護師は、どうやって今の復職先を探したのでしょうか。求人の内容がよさそうだったから?それとも家に近いから。職場選びのポイントは、それだけではないようです。ここでは見事看護師として復職を果たした看護師さんたちの体験談をご紹介。看護師には、一人一人に合う医療機関や施設があるようですね。

ブランク10年でも経験が活かせた!

社会人にとって、ブランクを抱えての復職は不安がいっぱい。家庭の事情により10年間看護の現場から離れていたAさんも例外ではありませんでした。Aさんが復職先に選んだのは、病院の精神科。精神科ではどのような仕事を行なうのか?精神科は復職先に合っているのか、気になりますよね。
また、Aさんが看護師として復帰するにあたり、大きく背中を押してくれたのは、他でもない「看護師」という資格でした。一旦職場を離れた人が再び社会復帰する場合、同じ職種を選ぶ確率はそう高くないもの。Aさんにとって看護師は天職であり、一生使える有意義な資格でもありました。ではそんなAさんが復職先を決めるまでの長い葛藤や、復職してからの詳しいナースライフを覗いてみましょう。

出産後の復職

看護師として働いているのは、ほとんどが女性。長い人生の中で結婚・出産という大きなライフイベントを迎えるにあたり、一度看護師を退職する人も多いと思います。ですが、子どもの養育費や習い事の費用など、子育てにもお金がかかります。子どものためにもバリバリ稼ぎたい!と考えるママナースは、復職に向けて動いているようです。Bさんは、退職後お子さんを出産し、1歳になると同時に復職しました。Bさんが選んだのは日勤のクリニック。看護の仕事はしたいけど、やっぱりできる限り子どもと一緒にいたい!というママナースには日勤が人気のようです。日勤の看護師として復職したBさんは、ママとして、ナースとしてどのように一日を送っているのでしょうか?

体調不良からの復職

一日中病院内を駆け回り、たくさんの患者さんの命を預かるお仕事。心身ともに疲労を抱え込みやすいのが看護師のつらい所です。経験を重ねるうえでメンタルに不調を感じたCさんは、長い間働いてきた病院を退職して療養する事に。1年間のお休みで少しずつ気持ちが前向きになってきたCさんは、復職先として有料老人ホームを選びました。施設看護師の仕事は、病院とは仕事内容や勤務時間がかなり違うようですね。体力面・精神面において、病院よりも負担がかからないのがメリットだと言われています。超高齢社会といわれる現代の日本で、ニーズがますます高まっている施設看護師。おそるおそる復職をしたCさんでしたが、果たしてCさんにとって、施設看護師は適職だったのでしょうか?

おすすめ記事ピックアップ

  • 福祉施設

    福祉施設

    ブランクを抱える多くのナースが悩む復職先。数ある職場の中でも、近年急速に需要が増えているのが福祉施設です。復職を目指すナースにとって、福祉施設とはどのような職場で、どんなメリットがあるのでしょうか?
  • 子育て支援の注意点!

    子育て支援の注意点!

    ママナースにとって決め手となるのが、病院が掲げる「子育て支援」。魅力的な支援に惹かれて入職を決めたものの、実際に働き始めたら現実とのギャップが…?見落としがちな子育て支援のカラクリを覗くことで、復職をより確かなものにしましょう。
  • ブランク10年でも経験が活かせた!

    ブランク10年でも経験が活かせた!

    看護の現場から離れ10年…不安でいっぱいだった看護師が復職に成功!社会復帰の後押しとなったのは、看護師という一生ものの資格。「私にできるのかな?」と尻込みしているナースさん達も、自信を持って復職を目指しましょう!