復職ナースは要チェック!復職支援制度のメリット・デメリット

見極めて!復職支援制度の表と裏

復職する際に、復職支援制度が整備された病院だと安心感があります。でもちょっと待って!制度が募集要項に明記されているからといって、安心するのは早急です。子育て支援・研修・資格取得支援など、復職するにあたってさまざまな制度を受けられる可能性があります。しかし、院内の実態は確認済みですか?復職で成功するには、しっかりと見極めることが重要です。

子育て支援の注意点!

「子育て支援」を求人のアピールポイントにしている病院が増えています。近年は看護師不足が叫ばれ、人員を確保するだけでも難しい世の中です。だから支援制度を作り上げることに力を注ぐ病院も、同じように増えています。しかし制度は整備されても、働く人々が全く活用できていない職場も多くあるのです。人手が足りないことを理由に、子どもが熱を出しても休めないケースも見受けられます。中には思いもよらぬペナルティを受けるなんてこともあるのです。子どもの親に変わりはいません。安心して子育てしながら看護師キャリアを形成していけるように、さまざまな注意点を把握しておきましょう。

教育サポート体制は?

病院によって大きく異なるのが、教育サポート体制です。「復職への不安を払拭する復職研修はあるの?」「OJTでは丁寧に教えてもらえるの?」「プリセプターはつくのかな?」ブランク明けの復職の場合、入職を決める際にはその病院の教育体制が特に気になります。入職後のキャリア研修についてサポートをしてもらえるのかどうかも、事前に知りたいポイント。これらの教育サポート体制が病院ごとにどのように異なるのかを、詳しく見ていきましょう。併せて知っておきたいのは、年下の先輩との関係構築方法です。復職するときには、高い確率で起こり得る年齢と職場暦の逆転劇。言葉遣いから気持ちの持ちようまでレクチャーします。

休暇や短時間勤務…気になる実態は?

求職活動をしていると、労働環境の実態が気になりますよね。「その病院の人間関係はどうなんだろう」「子育てに理解のある人がいるのだろうか」「有給は気兼ねなく取得できる?」「残業時間はどの程度あるのだろう」などなど、実際に働く場所になるかもしれないとなると、具体的な事実を知りたくなるのが実情です。「調べるにしても、何をどのように調べればよいのかよく分からない」という方のために、注目すべきポイントや良い病院の概念などを見ていきたいと思います。子どもの発熱などで突発的に休んでしまった際の対処法と共に、学んでいきましょう。これさえ押さえておけば、潜在看護師が自信を持って復職への道を歩んでいけますよ。

おすすめ記事ピックアップ

  • 福祉施設

    福祉施設

    ブランクを抱える多くのナースが悩む復職先。数ある職場の中でも、近年急速に需要が増えているのが福祉施設です。復職を目指すナースにとって、福祉施設とはどのような職場で、どんなメリットがあるのでしょうか?
  • 子育て支援の注意点!

    子育て支援の注意点!

    ママナースにとって決め手となるのが、病院が掲げる「子育て支援」。魅力的な支援に惹かれて入職を決めたものの、実際に働き始めたら現実とのギャップが…?見落としがちな子育て支援のカラクリを覗くことで、復職をより確かなものにしましょう。
  • ブランク10年でも経験が活かせた!

    ブランク10年でも経験が活かせた!

    看護の現場から離れ10年…不安でいっぱいだった看護師が復職に成功!社会復帰の後押しとなったのは、看護師という一生ものの資格。「私にできるのかな?」と尻込みしているナースさん達も、自信を持って復職を目指しましょう!