貴方が働くならどこ?復職看護師に人気の職種一覧をご紹介

復職しやすい職種をチェック

「いざ復職!でも、肝心の病院探しはどうすれば?」お悩み中の看護師に向けて、復職先に人気の職種をご紹介します。それぞれの特徴を掴むことで、実際に働くイメージを描きやすくなる事と思います。貴方の気になる職種は見つかりましたか?

療養・精神など

病棟勤務で復職したいけど、急性期のようにバタバタしてるところで働けるか心配…。そんな看護師にオススメなのが、療養・精神看護師。時間の流れがゆっくりとしていて、自分のペースで働けます。医療行為も少ないので、ブランク明けの看護師にはオススメです。

福祉施設

有料老人ホーム・老人保健施設など、介護施設で働く看護師が増えています。施設での仕事内容は医療行為よりもバイタルチェックや利用者さまとのお話などがメインとなり、病院とは大きな違いがあります。ブランクを持つ看護師には嬉しい環境ですね。また、日勤帯で土日がお休みだったりと、規則正しいシフトが人気の秘訣のようです。超高齢社会の日本において、ますますニーズが増える施設看護師のメリットをチェックしてみましょう。

大規模病院

看護師が活躍するフィールドとして最も高い知名度と人気を誇るのが、大学病院や総合病院などの大規模な病院。スタッフ数も充実しており、新人ナースはもちろんブランクを経て復職したナース達も、みんな和気あいあいと働いています。大規模な病院では、教育の一貫性をはかるためにも新人・中途問わずしっかりとした研修体制がしかれています。給与や福利厚生も安心の手厚さ。幅広い看護師が集まる大規模病院のメリットを、もう少し詳しく見てみましょう。

自分の経験科目

ブランクを抱えた看護師が不安に思うのが、「新しい場所で今までどおりに仕事ができるか?」というもの。でも、現役時代に経験したことのある科目ならある程度コツがつかめているし、働くイメージもつきやすいので安心ですね。また採用する病院側から見ても、科目について経験のある看護師なら何かとありがたいものです。復職先に自分の経験科目を選ぶ具体的なメリットや、入職してから心がけたい事などをまとめてご紹介します。

治験コーディネーター

看護師の仕事として特殊な分野に入る治験コーディネーター。治験は新薬開発には欠かせない作業であり、治験コーディネーターは常に需要がある職種です。治験コーディネーターの勤務体制は、基本的に治験を行なう企業のカレンダー通り。日勤のみで土日休みなど、規則正しい生活リズムを築く事ができます。今まで看護師のハードなシフトに疲れてしまった看護師や、家庭・プライベートを大切にしたい看護師から人気を集めているようです。

おすすめ記事ピックアップ

  • 福祉施設

    福祉施設

    ブランクを抱える多くのナースが悩む復職先。数ある職場の中でも、近年急速に需要が増えているのが福祉施設です。復職を目指すナースにとって、福祉施設とはどのような職場で、どんなメリットがあるのでしょうか?
  • 子育て支援の注意点!

    子育て支援の注意点!

    ママナースにとって決め手となるのが、病院が掲げる「子育て支援」。魅力的な支援に惹かれて入職を決めたものの、実際に働き始めたら現実とのギャップが…?見落としがちな子育て支援のカラクリを覗くことで、復職をより確かなものにしましょう。
  • ブランク10年でも経験が活かせた!

    ブランク10年でも経験が活かせた!

    看護の現場から離れ10年…不安でいっぱいだった看護師が復職に成功!社会復帰の後押しとなったのは、看護師という一生ものの資格。「私にできるのかな?」と尻込みしているナースさん達も、自信を持って復職を目指しましょう!